‘施設内研修’ カテゴリーのアーカイブ

2021年度新人研修

2021/04/19

2021年3月30日~4月1日、法人全体での新人研修がありました。

昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で、開催できませんでしたが今年は換気やソーシャルディスタンスを取る等をしっかりと対策をして中途入職の職員、2021年4月入職の新卒新人職員への研修を行いました。

 

【業務についての座学風景】
研修1

 

 

 

 

 

 

 

 

研修では、法人理念や救急時の対応・防災についての説明を行います。新型コロナウイルス、インフルエンザやノロウイルス等の感染症対策の研修も行いました。
新卒職員につきましては介護技術の講習を先輩職員から受けたり、他にもフロアー実習として、業務説明を受けたり、フロアーの清掃などを行いました。

新卒職員は、4月から施設職員として勤務しております。よろしくお願い致します。

7月の内部研修

2016/08/05

千里会では、職員の能力向上のために月に数回、内部研修を行っています。

7月はリスクマネジメント研修と関節拘縮についての研修を行いました。

関節拘縮についての研修では理学療法士の先生より、拘縮とは何なのか?といった基本的な内容から、現場で役立つ予防・改善のケアまで拘縮について、様々なことを教えて頂きました。

 

rP1100833

 

管理者研修を行いました

2016/08/02

平成28年7月22日施設内研修にて「管理者研修」を行いました。

新横浜パークサイドホーム及び第2新横浜パークサイドホームの管理者一同が集まり、管理者としての考え方や介護福祉士という専門職などについて学びました。グループワークで話し合うことで、自分の欠点、課題について向き合うきっかけとなりました。管理職になったから終わりではなく、そこからどうしていくのか、自分はどの位置にいるのかを考え、知ることができる貴重な研修でした。

~介護福祉士インドネシア職員ユニットリーダーの感想~

ユニットリーダーはまずは自分自身で判断ができること、介護福祉士の基礎的な技術をルーティーンに活かせること、他職種との連携がとれることが必要と感じました。このような研修を受けてスキルを磨くことはとても勉強になります。
看護師の会議のイラスト