2014年度 第13回かながわ高齢者福祉研究大会

平成26年7月8日、第13回かながわ高齢者福祉研究大会が開催され、
昨年度に引き続き今年も当施設より参加致しました。

当施設からは研究発表として、

「相談員による苦情軽減への取り組み」
「職員の負担軽減に向けた介護ロボットの導入」
「日本で介護福祉士になって」(EPA候補生からの介護福祉士国家試験合格者である職員の発表です)

 

 

 

 

 

の三題の発表を行い、また介護技術発表では移乗介助の発表を行いました。

会場にはNHKの取材も入り、各研究発表会場でも満員の発表が多く、大盛況でした。
業務を通じての研究や、大勢の方の前でその研究を発表させて頂くことは、大変なこともありましたがとても勉強になりました。

コメントは受け付けていません。