理事長から職員へコロナ疲れを労うお弁当のプレゼント

幸いにも今日現在まで施設内でコロナの発生が起こっていません。

施設看護師より「少し自慢です。」と声が出ていますが油断はできない状態に不安が募ります。

これも、職員の感染防止の取り組みに加えプライベートでの自粛の協力や家族の協力だと考えています。

 

新型コロナウイルス感染症に疲れを感じながら勤務に励む法人職員全員へ、理事長より1年以上できなくなっている外食の代わりにとお弁当を頂きました。多くの職員の好物であるお寿司とお肉の選択でのお弁当でした。

1つは、関内にあるお寿司屋さんにお願いした握りたての「握り折詰弁当」

寿司

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう1つは、叙々苑の「上ロース弁当」、「上カルビ弁当」です。

<特選ロース弁当>

上ロース

 

 

 

 

 

<上カルビ弁当>

上カルビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩中の食堂でも、対面で座る事を避け、会話をしないで食べる様注意を守り感染対策に取り組んでおります。

職員一同、お弁当で元気をつけて今後も緊張感をもって感染対策や入所者様に安心してお過ごし頂ける介護に取り組んで参ります。

 

コメントは受け付けていません。